〈ベリィアモール日本正規総代理店〉電磁波を99%カット!ママと大切な赤ちゃんを電磁波から守ります。7200円(税別)以上で送料無料。

> 電磁波について(3)

5.電磁波の影響を低減する方法


・低減する方法その1「距離を保つ」

パソコン、スマホ、IHなど電化製品を使用するときは、距離を保つ。
または使用を控える。使わない。使わせない。

しかしパソコンを使って仕事をしたり、料理をするときはどうしても離れることができません。

そこで電磁波を99%カットするベリィアモールのアイテムが重宝します!

電磁波の影響を低減する-距離を保つ-

6.電磁波の安全基準を待つと・・・120年かかる?!


・たばこの実例

一般の人への健康被害防ぐための規制化まで、いかに時間がかかるかの実例(たばこの健康被害と認識・規制)

1900年 未成年者喫煙禁止法(喫煙で肺を悪くして徴兵できなくので)
1972年「吸いすぎに注意・・・ 」
1990年「健康を損なうおそれ・吸いすぎに注意」2005年「喫煙は、肺がんの原因・死亡する危険性約2倍から4倍高く」
2003年 健康増進法
2016年 受動喫煙 肺がんリスク確実視
2020年 受動喫煙防止を義務化。東京五輪前の2020年4月に全面施行
つまり一般の人への健康被害を防ぐための規制化まで120年以上かかっている。
今からだと今の赤ちゃんが120歳?

7.電磁波のまとめ


私たちは生まれた時から電子機器に囲まれてきたわけではありません。
しかし私たちの子ども達は、生まれたときから電子機器に囲まれ、電磁波にさらされる日々を過ごすことになるのです。

電磁波についての認識が世界に比べ、日本は遅れているようです。
現に、発達障害の子どもが増えていることは間違いない事実です。

日本の大手企業も認識し始め、妊婦の従業員に電磁波対策アイテム(ベリィアモールのブランケット)を貸し出すシステムを導入しているところもあります。
世間の電磁波への関心が高まり、こういう企業が増えていくことを願っています。

また、より安心で健康な明日のためにベリィアモールをお役立て頂けたら幸いです。