〈ベリィアモール日本正規総代理店〉電磁波を99%カット!ママと大切な赤ちゃんを電磁波から守ります。7200円(税別)以上で送料無料。

> 電磁波について(2)

4.電磁波は危険?


・アップル創業者スティーブ・ジョブズ

(1955年2月24日 - 2011年10月5日)

ジョブズは自分の子どもにiPadもiPhoneも触らせなかった。
子どもたちがデジタルに触れる時間を制限していた。

「私たちはテクノロジーの危険をこの目で見てきたし、私自身が経験しているからです。子どもたちには、そういうことが起こってほしくはないですからね」(2010年末の発言)

スティーブ・ジョブズ

10歳以下はもっとも中毒になりやすい?!

テクノロジー関係の会社などで働く親の多くは、子どもが14歳になるまで待つ。

・・・例えば携帯が脳に与える影響・実例

携帯電話、スマホの電磁波の脳への影響

・脳への影響

携帯電話の電磁波が脳へ与える影響は
なんと5才児・10才児の脳では、電磁波放射が貫通する度合と影響が大人より大きいのです。

・小児白血病誘発?こんな記事も・・・

電磁波と小児白血病

他にもこんな影響があると言われています。

流産、不妊、認知行動障害、発達障害、癌など・・・

・ロバートベッカー「電磁波障害」

電磁波障害の第一人者であるロバート・ベッカー博士は、すべての人工電磁波は有害であると断定しています。
そして、その有害な作用を10に分けて発表しています。

成長中の細胞への害作用。

がん細胞の成長を促進。

発がん作用がある。

胎児に先天性異常を起こす。

神経科化学物質を変化させる。

自殺などの行動異常をまねく。

生理的リズムを狂わせる。

ストレス反応を引き起こす。

免疫機能を弱らせる。

学習能力を低下させる。

これが、電磁波の『10の大罪です』

クロス・カレント―電磁波・複合被曝の恐怖
ロバート・O・ベッカー著書より

・精子への影響

電磁波と精子

携帯電話(電磁波)の精子への影響

・妊婦と胎児への影響

フランスの研究で鶏卵で実験、携帯電話と同じ電磁波を21日間当て続けると、ひよこの死亡率が50~60%上昇

アメリカでは、強い電磁波を浴び続けると流産の可能性が高くなり、子どもの先天性異常増加

サンフランシスコ、16ミリガウスの電磁波を日常的に浴びると、10週目未満の妊婦さんは流産のリスクが5.7倍

   =>16ミリガウスは電車や家電でありえる数値

別のアメリカでの研究、電気毛布を使用していた妊婦は胎児の異常が4倍

1997年 ギリシャの実験結果、マウスに5世代高周波をあてると不妊が起こる

妊婦に対し携帯電話の使用に注意を促す国は、ドイツ、フランス、ロシアなど。
日本は?→海外との認識の差