〈ベリィアモール日本正規総代理店〉電磁波を99%カット!ママと大切な赤ちゃんを電磁波から守ります。7200円(税別)以上で送料無料。

> 携帯電話やスマートフォンを使用する時の電磁波からの影響について

携帯電話やスマートフォンを使用する時の電磁波からの影響について

身の回りの電磁波でもっとも気になるのは携帯電話という人が多いようです。

それもそのはず、人口割合で普及率は137.9%に達しました。

20代30代のスマートフォンの普及率は90%を超えています。

特に気になるのはこのように若い人たちの

電磁波からの影響です。

男性の生殖機能(精子の減少)

妊娠時の胎児

幼少期の頭部(頭蓋骨が大人より薄く、細胞が成長期にあたる)

などへの影響です。

 

昨今、コロナ禍もあり通信機器の利用頻度は増えていると思います。

SNSやテレビ会議の利用も増えたことでしょう。

 

今回は携帯電話通信機器スマートフォンなどの

電磁波暴露リスクについてです。

日本では携帯電話の健康影響に関する報道や議論があまり行われていないため、人々はその潜在的リスクについて十分知らされていないと言われます。

欧米では早くから携帯電話のヘビーユーザーが受ける電磁波リスクに関する研究・訴訟があり、
リスクに関する認知度の高さが注目されます。

例えば、
携帯電話被暴露制限値
SAR値

米国のFCCは1.6w/kg以下に規定
日本は2.0w/kg以下でゆるいです。

米国では公表された携帯電話のSAR値をもとに値の低い機種を選んで購入できるようになっています。
日本でもデータを探して比較することができます。
機種メーカーによって違いがあるので数値が高いものは注意が必要かもしれません。

携帯電話・スマートフォンの電磁波リスクを抑えるために

携帯時には身体からなるべく離す

着信発信時に身体や頭部から離す
といったことが大事です。

 

電磁波測定テスターで電磁波を測るとわかりますが
通信機器は着信発信時に電磁波の数値が高くなります。
電波を機器が探すためと思われます。

 

増え続ける基地局、5G

現行の4Gと比べ、「通信速度や容量が100倍以上」といったメリットが強調されていますが、

5G基地局の電波は数百メートルから1キロメートルほどしか届かず、そのため数多くの5G基地局を設置する必要があると言われています。
もともと、都市部の狭苦しい土地家屋環境の日本で数多くの基地局を設置するとどいうことになるでしょうか?

また、日本では5Gが人体に及ぼす健康被害の危険性が議論さえ十分にされていません。

ヨーロッパでは5Gの健康被害に対する警戒から
ベルギーの首都ブリュッセルでは5Gの実験、導入を禁止する措置が発表され、イタリア政府はすでに5Gの使用を制限する裁判所の決定を告知しています。
スイスや米国サンフランシスコでも同様の動きがあります。

危惧されるのは電磁波過敏症の人たちです。

電磁波過敏症の約8割に化学物質過敏症が合併し、化学物質過敏症のおよそ2割に電磁波過敏症が併発しています。

電磁波アレルギー(過敏症)になった場合
アトピーを併発し
ディスレクシア(読み書きにむずかしさを感じる)の症状も併発の可能性があります。

 

歴史的な携帯電話とその健康被害について詳しくは
携帯電磁波の人体影響 矢部 武著(集英社新書)は参考になります。

ベリィアモールの電磁波シールド素材は5G対応の周波数の電磁波を遮断する性能について公正な第三者機関の検査にてこれを明らかにしています。