top of page

Topics & News

デジタル毒とは、妊娠中の携帯使用、子どもの行動障害リスク高める可能性 研究

デジタル毒とは、妊娠中の携帯使用、子どもの行動障害リスク高める可能性 研究


電磁波(デジタル毒)防止対策


電磁波(デジタル毒)とは

有害な電磁波つまりノイズをもった高周波・低周波の電磁波、ブルーライト、静電気などのことをいいます。

現在、デジタル毒で様々な不調がおこることがわかってきています。

関連付けされる多くのエビデンスも出てきました。

近年でもっとも心身に影響している環境毒は「デジタル毒」かもしれません。

糖尿病、不妊、生殖器系に関わる疾患や症状、発達障害(自閉症スペクトラム、多動性障害)、 癌全般、不安障害やうつ病などの精神疾患、耳鳴り・めまい・頭痛、関節痛、免疫のトラブルや アレルギー(アトピー性皮膚炎、喘息)、皮膚の乾燥・かゆみ、腸カビを含めた胃腸障害、不眠症 、イライラ・家族間のもめごとなど…

心身に影響する「デジタル毒」対策のグッズ、日常に取り入れてみてはいかがでしょうか?


電磁波の対策に効果的な方法


・家電製品・電磁波発生源から距離を取る (15cmよりも50cmさらにそれよりも1Mという風に離れるほど影響を軽減することができます)

・家電製品・電磁波発生源からの電磁波を遮蔽する (電界は金属製の素材や遮蔽効果のある素材により電磁波の影響を軽減することができます)

・アースを取ることで電場を低減させる(電場を低減により電磁波の影響を軽減することができます)


携帯電話を使用中お子様に近づくことが多いと感じる方は

なるべく携帯電話・電磁波発生源から距離をとる

時間を最小限度にする

遮蔽する帽子などを着用する

などの対策をとりましょう!






<記事のご紹介>


妊娠中の携帯使用、子どもの行動障害リスク高める可能性 研究

2010年12月7日 14:28 

発信地:パリ/フランス [ ヨーロッパ フランス ]


【12月7日 AFP】妊娠中に携帯電話を定期的に使用すると、行動障害の子どもが産まれる可能性が高くなるという調査結果が、7日の英医学専門誌「Journal of Epidemiology and Community Health」に発表された。子どもが早い段階から携帯電話を使用し始めた場合、行動障害リスクはさらに高まるという。


 米カリフォルニア大ロサンゼルス校(UCLA)の研究チームは、1996~2002年にデンマークで実施された母と子の健康追跡調査「デンマーク国家出生コホート(Danish National Birth Cohort)」の対象となった7歳児2万8000人とその母親の健康状態を分析した。母親は調査の中で、妊娠中と出産後の食生活、および携帯電話の使用を含めた生活習慣に関するアンケートに回答している。


 その結果、妊娠中、出産後ともに携帯電話を使用していた母親から産まれた子どもでは、行動障害を持つ確率が50%高くなった。


 母親が妊娠中にのみ携帯電話を使用した場合、子どもが行動障害を持つ確率は40%高くなり、出産後にのみ使用した場合、この確率は20%にまで減少した。


 こうした結果は、行動障害に影響する恐れのある諸要素を加味した場合でも当てはまった。


 同研究チームがこれより先に行った、同調査中の別の子ども1万3000人とその母親に対する分析でも、同様の結果が得られている。


 研究者らは、携帯電話と問題行動を起こす子どもに直接的な因果関係があるとは断定できないとしながらも、「(子どもを)早い段階から携帯電話にさらすことにはリスクを伴う可能性がある。因果関係が現実のものなら、携帯電話が広範に普及していることから公衆衛生の懸念材料となる」としている。(c)AFP




コメント


bottom of page