top of page

Topics & News

電磁波について



■目次
1. はじめての妊娠で注意することとは?
・日常の電磁波の影響
2. 電化製品の歴史と現在
・初めての電化製品は?
・現在は普及しもっと便利に
3. 電磁波ってどこにあるの?
・低周波数
・高周波数
4. 電磁波は危険?
・スティーブ・ジョブズは・・・
・脳への影響
・小児白血病誘発
・ロバート・ベッカー「電磁波障害」
・精子への影響
・妊婦と胎児への影響
5. 電磁波の影響を低減する方法
・低減するテクニックその1「距離を保つ」
・低減するテクニックその2「電磁波対策ベリィアモール」
6. 電磁波の安全基準を待つと120年かかる?!
・たばこの実例
7. 電磁波のまとめ


1.はじめての妊娠で注意することとは?

はじめての妊娠では、何に注意したらいいのでしょうか?

健康的な食生活、適度なエクササイズなど するのはいいことですね! そしてアルコールなどはもちろん避けた方がいいですね!



電磁波の影響?!

ところで、いつも携帯電話やスマホ(スマートフォン)や、パソコンに囲まれた 環境の中で生活していますか?

昨今では地球環境に優しいイメージが先行し、利用数を増やしているオール電化(IHクッキングヒーター)…

そこから発生する電磁波の影響について、ご存知ですか?





赤ちゃんに人生最高のスタートを・・・

そのために日常の電磁波の影響について詳しく

調べてみましょう!



その結果は・・・

電磁波が人間を含む生物に影響、特にDNA 複製や

細胞増殖が盛んな胎児や乳幼児期の子どもたちに、

もっとも影響があるとの情報が・・・


電磁波の影響を低減するには?

大切な赤ちゃんのために、電磁波の影響を低減するにはどうすればいいでしょうか?・・・



2.電化製品の歴史と現在


ところで・・・私たちの便利な世の中を考えてみましょう。

例えばあふれる電化製品は、いつからあるのでしょうか?


・初めての電化製品は?


かつて初めての電化製品は

明治時代1882年(明治15年)に東京・銀座に灯された

日本初の電灯(アーク灯)のみ・・・でした。




電気の普及は戦後、高度成長期でも、電灯・固定電話(着信時に通電)・テレビなど1家庭に数えるほどのみでした。



現在は普及して、もっと便利に・・・しかし、そこには電磁波が




3.電磁波ってどこにあるの?


電磁波は自然界および生活のあらゆる所に存在します。中でも人の接触が最も多いのは、人工的な電磁波です。

電磁界は周波数が高くなると、電界が磁界を生み、 磁界が電界を生み、次々と波として伝わる、この波が「電磁波」


・低周波数(波長長い)

IHクッキングヒーターや屋内配線、家庭用電化製品など。 また、高圧送電線。

・高周波数(波長短い)

空中間を伝搬しやすい。スマホ・携帯電話・無線LAN等通信機器。 また内部に熱が生まれる電子レンジ。



4.電磁波は危険?

・アップル創業者スティーブ・ジョブズ

(1955年2月24日 – 2011年10月5日)

ジョブズは自分の子どもにiPadもiPhoneも触らせなかった。 子どもたちがデジタルに触れる時間を制限していた。

「私たちはテクノロジーの危険をこの目で見てきたし、私自身が経験しているからです。子どもたちには、そういうことが起こってほしくはないですからね」(2010年末の発言)


10歳以下はもっとも中毒になりやすい?!

テクノロジー関係の会社などで働く親の多くは、子どもが14歳になるまで待つ。

・・・例えば携帯が脳に与える影響・実例




・脳への影響 携帯電話の電磁波が脳へ与える影響は なんと5才児・10才児の脳では、電磁波放射が貫通する度合と影響が大人より大きいのです。

・小児白血病誘発?こんな記事も・・・



他にもこんな影響があると言われています。 流産、不妊、認知行動障害、発達障害、癌など・・・

・ロバートベッカー「電磁波障害」 電磁波障害の第一人者であるロバート・ベッカー博士は、すべての人工電磁波は有害であると断定しています。 そして、その有害な作用を10に分けて発表しています。



① 成長中の細胞への害作用。
② がん細胞の成長を促進。
③ 発がん作用がある。
④ 胎児に先天性異常を起こす。
⑤神経科化学物質を変化させる。
⑥ 自殺などの行動異常をまねく。
⑦生理的リズムを狂わせる。
⑧ ストレス反応を引き起こす。
⑨免疫機能を弱らせる。
⑩学習能力を低下させる。

これが、電磁波の『10の大罪です』 クロス・カレント―電磁波・複合被曝の恐怖 ロバート・O・ベッカー著書より


・精子への影響

電磁波と精子


・妊婦と胎児への影響




● フランスの研究で鶏卵で実験、携帯電話と同じ電磁波を21日間当て続けると、ひよこの死亡率が50~60%上昇
● アメリカでは、強い電磁波を浴び続けると流産の可能性が高くなり、子どもの先天性異常増加
● サンフランシスコ、16ミリガウスの電磁波を日常的に浴びると、10週目未満の妊婦さんは流産のリスクが5.7倍
=>16ミリガウスは電車や家電でありえる数値
● 別のアメリカでの研究、電気毛布を使用していた妊婦は胎児の異常が4倍
● 1997年 ギリシャの実験結果、マウスに5世代高周波をあてると不妊が起こる
妊婦に対し携帯電話の使用に注意を促す国は、ドイツ、フランス、ロシアなど。

日本は?→海外との認識の差




5.電磁波の影響を低減する方法


・低減する方法その1「距離を保つ」

パソコン、スマホ、IHなど電化製品を使用するときは、距離を保つ。

または使用を控える。使わない。使わせない。

しかしパソコンを使って仕事をしたり、料理をするときはどうしても離れることができません。

そこで電磁波を99%カットするベリィアモールのアイテムが重宝します!



・低減する方法その2「ベリィアモール」

電磁波対策といえば、「ベリィアモール」。 電磁波を99%カット!30カ国以上での販売実績があり、信頼されています。 電磁波の遮へい(シールド)効果について



6.電磁波の安全基準を待つと・・・120年かかる?!

・たばこの実例 一般の人への健康被害防ぐための規制化まで、いかに時間がかかるかの実例(たばこの健康被害と認識・規制) 1900年 未成年者喫煙禁止法(喫煙で肺を悪くして徴兵できなくので) 1972年「吸いすぎに注意・・・ 」 1990年「健康を損なうおそれ・吸いすぎに注意」2005年「喫煙は、肺がんの原因・死亡する危険性約2倍から4倍高く」 2003年 健康増進法 2016年 受動喫煙 肺がんリスク確実視 2020年 受動喫煙防止を義務化。東京五輪前の2020年4月に全面施行 つまり一般の人への健康被害を防ぐための規制化まで120年以上かかっている。 今からだと今の赤ちゃんが120歳?




7.電磁波のまとめ

私たちは生まれた時から電子機器に囲まれてきたわけではありません。 しかし私たちの子ども達は、生まれたときから電子機器に囲まれ、電磁波にさらされる日々を過ごすことになるのです。 電磁波についての認識が世界に比べ、日本は遅れているようです。 日本の大手企業も認識し始め、妊婦の従業員に電磁波対策アイテム(ベリィアモールのブランケット)を貸し出すシステムを導入しているところもあります。 世間の電磁波への関心が高まり、こういう企業が増えていくことを願っています。 また、より安心で健康な明日のためにベリィアモールをお役立て頂けたら幸いです。


コメント


bottom of page